スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

自家製ベビーパウダー



コーンスターチと重曹を3:1くらいで混ぜ合わせて完成。




レシピによっては1:0から1:1まであるようです。

粒が大きい(肌にのせるとざらざらする)場合は
乳鉢(理科の実験で使ったアレ)で
すりつぶすと滑らかなパウダーに。






コーンスターチに限らず、片栗粉やくず粉でもよいみたいです。
化粧品用のコーンスターチもあります。

実はコーンスターチってお肌にとてもいいみたい↓
http://matome.naver.jp/odai/2135346401964420201





重曹は、大容量で売られているお掃除用ではなく、
薬用か食用のものを使いましょう。

重曹は
・研磨、殺菌作用---汚れを落としてお肌をピカピカに。
・デオトラント効果---においを消して、さっぱりとした洗い心地
・弱アルカリ性---重曹の成分は弱アルカリ性です。お肌にとても優しい。

などの作用が。
ワキガ対策に使われていたり、
赤ちゃんのあせもやおむつかぶれにも使えるので
ママさんたちはご存知かもしれないですね。







ベビーパウダー愛用者です。


普段はお化粧の仕上げにベビーパウダーを軽くはたいて終了。
高価なルースパウダーなど使わなくても仕上がりが違います。
時間がたっても、テカりが抑えれらるという効果も。

休日は日焼け止めにベビーパウダーのみ。



しかし思うところあってベビーパウダーについて調べてみました。
そして捨てました。


市販のベビーパウダー = タルク

『タルク』とは滑石(カッセキ)という鉱石を微粉砕した無機粉末。
ケイ酸マグネシウムが主成分の鉱物です。
これ自体が特に有害であるというわけではありません。

詳しくは↓
http://love-mineral.jp/dictionary/talc/

便利なものではあるので気にならない方は使い続けてもいいし、
お好みですね。




私が捨てた理由は
『 鉱物』 で毛穴をふさぐってどうなの
と思ったことから。

人間は生きたものしか食べられません。
直接、栄養やパワーをいただけるのは生物からのみ。
(気とかパワーストーンとかっていうのもあるけど)

お肌にも植物性のものを使いたいなと思ったのでした。



気になる『 自家製ベビーパウダー』 の使用感は

市販品よりイイ(´Д`)


あぶら取り紙を使うほどではない私ですがティッシュで押さえるくらいはします。
でも自家製にしてからそれも必要ないかも・・・


肌質や季節によって重曹の割合を変えるといいかもしれません。

乾燥肌の方はゼロで脂性肌の方は重曹多めとか
夏は増やしてみるとか。
ちなみに私の春の普通肌、3:1ベストです。



自家製ベビーパウダー、おすすめです。






◆hiyori cafe営業時間

open / 11:30 〜 19:00(L.o.18:30)
closed / 月曜日、第3火曜日(祝日は営業、翌日休)
ご予約は営業時間外も随時お受けします。お気軽にご相談ください。

 

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

▲top